FC2ブログ

「城_総合」
近隣諸城

戸狩城

 ←室原城  →今城
togari1.jpg
(戸狩城より瑞浪市街を望む)

瑞浪は土岐一族を語るに非常に重要な地で有ることは周知である。
同時に、土岐・多治見・可児に比べ遺構が非常によく残っている。
他市に比べ名古屋から離れた地の利により、いい意味で開発が遅れた地域だからだ。
それは当地域の主要産業・窯業の発展が三河国境側の中馬街道沿いに留まったのも、
影響があったと推測する。
歴史上表舞台に出る回数の多い城を2つ(鶴ケ城・小里城)抱え、
土岐国氏の息子達から派生する支族(市原・深沢・猿子・郡戸・小里・荻原)居城の多くが良く残っている。

さて、戸狩城だが、土岐一族の聖地ともいえる一日市場館に至近である。
瑞浪駅からも望める一乗院。
中央高速道路を跨ぎ、霧がかかると雲の上に浮かぶかの様な日蓮宗の寺院だ。
その直ぐ裏手の山が戸狩城である。
寺の建物直上から続く堀切を登ると正面に主郭が控える。
左側は圧を感じるほど狭く深い竪堀が這い、主郭より南に目を転じると小曲輪が連続する。
北側には竪堀が設けられ、其の先には奥行きある平場があり、
更に西側にはこれまた奥行きある平場がある。
中程に低い石積みが残る。
この平場が館跡なのか、または寺院跡なのか不明だが、
一つ言えることは当城が一過性の砦で終わらず、居住空間を持つ地であったことが想像できる。
なお、1980年に「ふるさとの文化財/戸狩城調査報告」なるものが発表されているが、
直下に横断する中央自動車道建設工事で、柱穴・石積みが確認されたとある。

この城跡で他では見られない物を見つけた。
主郭に残る数個の石、焼けている。
形からして建物の礎石と思われる。
つまり戦火の跡が今なお残る、貴重な遺物が見られる城でもある。

当城は武田の美濃前線の楔とも言える性格を持ち、東美濃侵攻の重責を担った秋山信友の臣・仁木藤九郎が築城したと云われる。
仁木は三河伊勢など各地に残る足利家臣の名家だが、同名門武田に仁木氏族がつく事に違和感はない。
この藤九郎という人物は山中姓も名乗る。
正直、我々東濃人はこの秋山先鋒隊を快く思うわけにはいかず、戦争とはいえ戸狩隣地の明世にある明白堂、
鎌倉末期に土岐頼貞が創建した鎌倉五山に次ぐ十刹八位の定林寺を燃やす。
美濃が誇る定林寺は土岐一族の象徴でもあり、ただの一寺院が燃された話ではない。
よって許せない気持ちになる。



togari2.jpg
(竪堀から左手曲輪を見る)

tpgari7.jpg
(主郭横の竪堀)

togari6.jpg
(西側平場の石積)

togari3.jpg
(今に残る生々しい焼け石、礎石か)

togari5.jpgtogari4.jpg
(上:北西に伸びる平場。主郭からの連続性はなく城の関連施設とは考え難い)
(下:北側に広がる平場。かなり奥行きがある)




 関連もくじ一覧 ▼ 
総もくじ 3kaku_s_L.png 池田町屋 / 多治見市の古郷
総もくじ 3kaku_s_L.png 城_総合
もくじ  3kaku_s_L.png 町屋歳時記
総もくじ  3kaku_s_L.png 池田町屋 / 多治見市の古郷
総もくじ  3kaku_s_L.png 城_総合
【室原城 】へ  【今城】へ

~ Comment ~

管理者のみ表示。 | 非公開コメン卜投稿可能です。
  • 【室原城 】へ
  • 【今城】へ