FC2ブログ

池田町屋 / 多治見市の古郷

旧池田城の麓を歩く 〜 池田城 砦跡 → 愛岐道路対面 山道 〜

 ←旧池田城の麓を歩く  〜 旧14号トンネル→川合洞 〜 →旧池田城の麓を歩く 〜 旧14号トンネル 名古屋側 〜


最近めっきり聞かなくなりましたが、明治生まれの人は城山と呼んでいた山。
今でもその石垣が一部見られます。
室町期に多い野面積みのようにカタチの違う様々な石を積上げて作られています。
単純に切り出すほど費用かけるまでもなかったのか判りませんが、
城というよりは砦と言った方が相応しいかもしれません。
世が安定する以前、少なくとも戦国期までは非常に重要な防御施設だったのは間違いないようです。



東濃地方は戦略上重要な地域でもあったせいか、国境沿いの中津川・恵那はもちろん、尾張との国境沿いでもあり、
信長の時代には信濃三河方面の壁として、その使命は非常に強かったようです。
城は当然一城で完結するものでなく、連携し防御を成していたこともあります。
信長勢力下の本城・兼山城の最南端の支城として、目前の対妻木城対策の一翼を担っていたとも考えられているようです。

ようは今と違い、中心定点が旧中山道界隈の木曽川沿いであり、美濃のドンつきであった地域でした。
また、当地域は僻地、または池田御厨としてスピリチュアルに満ちた地域でもありました。

そのような中、信長旗下きっての名門池田の名が残る数々の伝承は他に譲るとします。

最後の城主・池田織部は明智配下の有力譜代武将として、山崎合戦時には伏見城代として任せれられる程、強力でした。
もし光秀が天下を収めていたら、一国を任せられた可能性もあります。
織部が玉砕したのち、池田城は廃城と考えられていますが、それは外交上の要素も大きいと思います。





砦下には少し平らな場所があります。
ちょうど土岐川に幸沢川が合流する箇所であり、
奥には治水を巡り何度も小競り合いがあった脇郷(現・脇ノ島町)がここから遠望できます。







ここからいわゆる「獣道」を歩きます。
いや
正確にはれっきとした人の通る「樵道」です。
数年前の台風で、倒木と土砂崩れで道が不安定になっています。







しばらく道を歩くと下に煉瓦がありました。
実はこの煉瓦、どうしても確認したいことがあり、注目していました。
この道の先にその答えはあります。




もくじ  3kaku_s_L.png 町屋歳時記
総もくじ  3kaku_s_L.png 池田町屋 / 多治見市の古郷
総もくじ  3kaku_s_L.png 城_総合
【旧池田城の麓を歩く  〜 旧14号トンネル→川合洞 〜】へ  【旧池田城の麓を歩く 〜 旧14号トンネル 名古屋側 〜】へ

~ Comment ~

管理者のみ表示。 | 非公開コメン卜投稿可能です。
  • 【旧池田城の麓を歩く  〜 旧14号トンネル→川合洞 〜】へ
  • 【旧池田城の麓を歩く 〜 旧14号トンネル 名古屋側 〜】へ