FC2ブログ

更新履歴

さわりを読む▼をクリックすると更新された内容の冒頭部分がご覧になれますので、久しぶりのご訪問の方はこちらで未読・既読のご確認ができます

日付別の更新チェックはカレンダーの日付をクリック ▼

2016 02123456789101112131415161718192021222324252627282930312016 04

【  2016年03月  】 

初午祭 始まりました

町屋歳時記

2016.03.20 (Sun)

 10時に狼煙が上がりました...全文を読む

PageTop▲

旧池田城の麓を歩く 〜 旧13号トンネル 〜

池田町屋 / 多治見市の古郷

2016.03.18 (Fri)

 ...全文を読む

PageTop▲

旧池田城の麓を歩く 〜 旧14号トンネル 名古屋側 〜

池田町屋 / 多治見市の古郷

2016.03.17 (Thu)

 ...全文を読む

PageTop▲

旧池田城の麓を歩く 〜 池田城 砦跡 → 愛岐道路対面 山道 〜

池田町屋 / 多治見市の古郷

2016.03.17 (Thu)

 最近めっきり聞かなくなりましたが、明治生まれの人は城山と呼んでいた山。今でもその石垣が一部見られます。室町期に多い野面積みのようにカタチの違う様々な石を積上げて作られています。単純に切り出すほど費用かけるまでもなかったのか判りませんが、城というよりは砦と言った方が相応しいかもしれません。世が安定する以前、少なくとも戦国期までは非常に重要な防御施設だったのは間違いないようです。東濃地方は戦略上重要な...全文を読む

PageTop▲

旧池田城の麓を歩く 〜 旧14号トンネル→川合洞 〜

池田町屋 / 多治見市の古郷

2016.03.16 (Wed)

 江戸後期の池田町屋村絵図にも載っている山道。昭和初期まで土岐川がすぐ横をぶつかるように流れ込んだ当地に当時を想像しながら歩きます。旧14号トンネル下、お稲荷さんがあった鳥居から出発。お稲荷さんへ続く道。室町期には武家屋敷に続く登城道。明治以降、昭和前期。間もなく始まる初午では溢れるほどの人が往来したとのことです。今は風で竹林が揺らぐ音だけ聞こえる静かな道です。この石像は?もしかして行方不明になって...全文を読む

PageTop▲

初 午 祭 があります 

◇ 告 知 ◇

2016.03.11 (Fri)

 3月20日(日)は池田町屋の初午祭りがあります!昨年の記事はこちらhttp://ikedamachiya.jp/blog-entry-3.html?sp...全文を読む

PageTop▲

夕方のエノキ

町屋歳時記

2016.03.03 (Thu)

 明治まで道しるべとしても機能したエノキ。近くに御嶽神社もあり、廿原街道の入口としてずっと旅人を見守ってきました。...全文を読む

PageTop▲

前月     2016年03月       翌月

Menu

プロフィール

やっつーらむ

Author:やっつーらむ
新しい領域へ!

最新記事

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR